2018年11月5日月曜日

建設コンサルタンツ協会会誌で弊社が紹介されました

一般社団法人建設コンサルタンツ協会が発行しております会誌「Consultant」第281号の会員会社紹介において、弊社紹介記事が掲載されました。



2018年7月23日月曜日

道の駅なんぶグランドオープン!【南部町】

 平成30721日、山梨県南部町の国道52号沿い(来年度開通予定の中部横断道南部インターチェンジに隣接)に、当社で計画・設計(建築設計を除く)した道の駅なんぶがグランドオープンしました。
 道の駅なんぶは、町と国とが共同で整備を行い、防災機能を有する道の駅となることから、拠点となる交流促進施設の他に、防災棟、公衆トイレ(国整備)、コンビニエンスストアなど、複数の導入施設があり、これらを限られた敷地内にどのように複合配置するか、いくつものプランを検討しました。
 その結果、敷地を有効に利用できるように、各建築物の中央付近に芝生広場を設け、輻輳(ふくそう)するアクセス動線を整理するとともに、溜り空間をさりげなく共用させる計画としました。

 

道の駅なんぶHP

2018年4月3日火曜日

八木崎公園リニューアルオープン!【富士河口湖町】

 平成3042日、当社で計画・設計を行った八木崎公園の改修が完了し、リニューアルオープンしました。
 八木崎公園は、山梨県富士河口湖町の河口湖畔に立地する都市公園(地区公園)で、町を代表する観光交流拠点のひとつです。67月に行われるハーブフェスティバルの会場となり、ラベンダーを中心に美しい花が楽しめる公園として知られています。
 公園リニューアル整備の計画・設計にあたっては、年間を通してより多くの人に来園してもらえる公園となるように、この公園がもつ立地の優位性に着目し、あえて施設をつくりこまず、富士山や河口湖の眺望を最大限に活かすことを重視したデザインとしました。
 出来上がった見晴らしの丘・芝生広場では、富士山や河口湖の素晴らしい景色を存分に楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 
 

富士河口湖町HP(八木崎公園)

2017年4月3日月曜日

3D_CADシステムを導入しました

 近年、国土交通省によって、生産性の向上や魅力ある建設現場の実現を目指すi-Construction」が推し進められている中、当社においても3D_CADシステムを導入しました。
 メッシュ標高データやレーザースキャナなどから現況地形を取得し、現況の3Dモデルが作成できたり、航空・衛星写真と計画道路等の3D設計モデルと重ね合わせができたりと様々な資料の作成ができるようになりました。
 今後も新たなデータやソフト等の導入を図り、顧客や住民に有意義な説明資料や設計成果品ができるよう努めて参ります。